セブ島で最も歴史のある学校の講師達

採用試験も5段階(英語力・コミュニケーション力・異文化理解力・指導力を図るテスト)あり、
採用後も 2か月間有給でトレーニングを受けた講師のみが皆様に英語を教える事ができます。

また当校ではCELTA/TESOLをベースにネイティブ講師監修で毎週のトレーニングを行っており、
英語指導において一切の妥協を許しません。CPILSではフィリピン1質の高い授業を提供しております。

 

CELTAとは?

CELTA (Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages)について
英語を母国語としない人に対する英語教授法資格のうち、世界中で広く受験されているTESOL/TEFLのサーティフィケート。
英語母語話者または同等の英語力を持つ方を対象とした資格で、最も国際的に知られており、
世界中で英語教師として採用される条件に用いられています。英語教授法分野の入門レベルの国際資格。
年間、10,000人以上がCELTAのコースを修了しています。
英国のプログラムや学位を監査評価する機関の一つOfqual(Office of Qualifications and Examinations Regulation )は
CELTAを英国の「全国資格フレームワーク」(NQF:National Qualifications Framework)のレベル5
( 学術資格のディプロマに相当するレベル)に定めています。1996年より開始。

CELTAは現在の資格の名称ですが、教授法のコースは50年以上に渡ってさまざまな形で、
異なる名前(Cambridge RSA CTEFLAなど)で存在していたため、世界的に広く認知されています。
The Certificate of English Language Teaching to Adultsの略称からCELTAとなり、
現在は、引き続きCELTAと呼ばれていますが、
正式名称はCertificate in Teaching English to Speakers of Other Languagesとされています。

その為、セブ留学でよく耳にする『英語の訛りがすごかった』『現地の学生が先生だった』
『先生の 態度があまり良くなかった』等の問題はCPILSでは起こりません。

 

・セブ島最多のネイティブ講師達

CPILSのネイティブ講師は、セブ島でも圧倒的に10名は常時在籍しております。
(米・加・英・濠) マンツーマン授業のみの弊害として『話せた気になっていて、
他の国へ行くと会話が速くて全然だめだった』 という話がよくあります。
実際に英語を母国語とする外国人の英語は『表現』『スピード感』『発音』がかなり違うのです。
しかしCPILSのGENERAL ESLコースでは1日2コマのネイティブクラスを設けていますので、
こうした『ネイティブ英語』も しっかり学ぶことができます。

更にCPILSの教員は殆どが母国での『教員免許』を取得し、母国で英語教師をしていたベテラン教員なので、
教え方も他の学校のネイティブ 講師と比べると圧倒的に上手なのです。

 

・ベテランスーパーバイザー達

セブ留学が始まった2001年頃から勤めている者もおりベテラン揃いのスーパーバイザー達。
教材の開発や修正にも携わるので、CPILSの『頭脳』を担っております。
スーパーバイザーたちは講師のトレーニング監修だけでなく、
毎日の各講師より上がってくるデイリーレポートを確認し、各生徒の授業進行を細かく管理しております。

 

・ガーディアン

フィリピン人の講師が高校生以下の生徒を『ガーディアン』としてケアをします。
放課後の17時から21時まで宿題の手伝いをしたり、食事を一緒にとったり未成年生徒の『保護者』の 役割を務めます。

0ff7a4922030e7565ba4a4a3358711744e098314std