フィリピン留学について

セブ留学, フィリピン留学

今話題のフィリピン留学について

フィリピン留学の特徴

低予算・高品質なマンツーマン授業!!

・英語初心者が多い

・1週間から留学できる

・日本で取得するVISAがない

・英語学習のファーストステップ

豊富なカリキュラム

学校によって様々ですが一般的なESLコースからTOEFL対策コース、ビジネスコース、またまたCPILSではフィットネスコースもあります。↓

CPILS フィットネスコース

欧米留学との比較

欧米留学
フィリピン留学
授業
10~20人のグループ授業

1日4時間のグループレッスン。1クラスに20人もの生徒がいるため、授業中に先生と会話できる時間がほとんどない。レベルの高い生徒に合わせて行くので、わからないことがあっても授業がそのまま進行してしまう。

1:1のマンツーマン授業

1日4時間のマンツーマンレッスン+3時間のグループレッスン(4~8人)。1:1の授業なので先生との会話もたっぷりでき、個人での疑問も解決できる。グループレッスンもあるので輪の中でマンツーマンレッスンで学んだ英語を実践できる。

費用
4週間で約30~60万円、授業料は1日4時間半程度。ホームステイで朝夜食事付。航空券や生活費を入れると総予算50~80万円4週間で約15万円、授業料、寮代、朝昼夜3食が含まれている。授業料は1日7時間~10時間。日本から近く物価も安いため、航空券や生活費を含めても総予算25万円程度
宿泊
ホームステイかドミトリーに滞在。基本はホームステイ宿泊になります。ドミトリーも6人部屋などの大人数部屋での宿泊。ホストファミリーも仕事をしている人が多数なので実際会話が生まれる事が少ない。全寮制。学生全員がドミトリーに宿泊。1~4人部屋を選べる。部屋にバス、トイレ付き。食事も3食付き。安全面などでの管理体制がしっかりしている。

各学校の共通な特徴

・日曜日現地到着、月曜日クラス開始。
・バイキング形式の食事(土日含む)
・掃除、洗濯、無料サービス
・往路の空港ピックアップサービス
・日本人スタッフ在中
・1週間から受け入れ可能

生活面等、全て学校でケアをするので手間がかからず、学習に集中できる環境を提供している。

国籍比率

※語学学校によっては90%以上日本のところもあるので学校を選ぶうえで注意が必要。

↓現在のCPILSの国籍比率↓

学校選びの注意点

・TESDA(フィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁)登録校必須。

TESDAに登録されてない学校はSSP(学生許可証)の取得ができないため、生徒が強制送還になった例もある。
またSSPは留学期間に関係なく取得が必要

 

以上、フィリピン留学についてでした。

お問い合わせはコチラから↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

今すぐお問い合わせをしてみよう!!

コース、期間、部屋タイプを指定して頂ければ簡単お見積りも出せます!

問い合わせ

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。